特定のiOSアプリのAppStoreでのランキングをSlackに通知したい

iOS

最近はボーッとiOSAppStoreのランキングを眺めながら 「世の中のトレンドとは・・・」 的なことを、陽の光も疎らな地下室めいた雰囲気の漂う部屋で乾いた唇を擦り合わせボソボソと独り呟く日々を過ごしている。 そんな日々を過ごしていると、次第に気になる…

多動力を読んだ

多動力 (NewsPicks Book)作者: 堀江貴文出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2017/05/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る 感想としては賛否両論あるにせよ、自分の「姿勢」を見直すきっかけになりえる読書体験を得たので良かった、に尽きる。

「社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた」 を読んだ

社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた作者: スディールヴェンカテッシュ,Sudhir Venkatesh,望月衛出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/05/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る ニューヨークのアングラ経済コミュニティ…

シンガポールへ旅行にいった

先日マレーシアへ旅行にいった最中、実はシンガポールにも1泊2日だけ滞在していた。 www.vagrantup.jp マレーシアのクアラルンプール国際空港からシンガポールのチャンギ国際空港までは約1時間という飛行時間で行けてしまう。 驚くべき近さである。 シンガ…

マレーシアへ旅行にいった

先日マレーシアへ旅行にいった。 別段マレーシアで何か見たいものがあったわけではないのだけれど、東南アジア方面でまだ行ったことのない国へ行きたかったというのと、以前、テレビの旅番組か何かで「マレーシアがめざましい発展を遂げているぞ!」と紹介さ…

配車サービスのGrabが便利だった

先日マレーシア旅行にいった時、初めてアプリ配車サービスを体験した。 ちなみにクアラルンプール市街での交通手段はアプリ配車サービスのGrab(Uberの東南アジア版。※運営元はUberとは別)が席巻していて、ホテルで「タクシーを呼んで欲しい」とクラークに…

ミハスの落日を読んだ

ミハスの落日 (創元推理文庫)作者: 貫井徳郎出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2016/09/10メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 貫井作品の中で珍しく今作は全編、外国を舞台にした短編小説だ。 日本人作家が書く海外を舞台にした作品(しかも登場人…

ナラクノアドゥが面白い

(ファミ通クリアコミックス)" title="ナラクノアドゥ(1) (ファミ通クリアコミックス)">ナラクノアドゥ(1) (ファミ通クリアコミックス)作者: 山本晋出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン発売日: 2016/05/14メディア: Kindle版この商品を含むブロ…

SEOコンサルタントの奇妙な冒険「残念な聖戦」を読んだ

突発的に会社を辞めた三流SEOコンサルタントが、様々な人々との出会いを経ていつしか日本の価値なきインターネットの価値を守る「聖戦」へと赴く奇妙な冒険譚。 本作は2012年頃にスマホで書かれた小説で、執筆したのがLINEの中の人というのだから興味深い。 …

Finish this activity, and tries to finish all activities immediately below it in the current task that have the same affinity

Androidアプリを開発している人から「新しい画面に遷移したら、それまでの全てのActivityを消したいんだけど、どうやるのかな?」という質問があった。 どうやら画面遷移時に下記のコードを試してみたところ、期待していた動作が得られなかったとのことだ。 …

逆境エブリデイを読んだ

逆境エブリデイ作者: 大川弘一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/01/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る メルマガ配信サイト「まぐまぐ」の創業社長である大川弘一が、元役員からの訴訟で手痛い敗訴を経験した流れから…

ビックデータ・コネクトを読んだ

ビッグデータ・コネクト (文春文庫)作者: 藤井太洋出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/04/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (9件) を見る サイバー犯罪捜査官とサイバー犯罪の元容疑者がタッグを組んで個人情報絡みの事件を追いかける警察小説。 元…

東証Arrowsへ見学に行った

東京証券取引所の東証Arrowsへ見学に行った。

P2PレンディングのFunding Circle

年が明けてから何かと身の回りで銀行不要論が活発化しており、個人的にちょっと興味が湧いたので色々と調べてみたら面白そうなFintech絡みのサービスを見つけた。 それがFunding Circleだ。 Funding Circleは資金を借りたい人と貸したい人をインターネットで…

私の文章作法を読んだ

私の文章作法 (中公文庫)作者: 清水幾太郎出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1995/09/18メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 14回この商品を含むブログ (9件) を見る 「文章を書くという行為は設計と加工を緻密に施していく作業プロセスである」という持論…

デザインの解剖展に行ってきた

「東京ミッドタウン」内のデザイン専門施設 21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「デザインの解剖展」 へ行ってきた。

臆病者のための株入門を読んだ

臆病者のための株入門 (文春新書)作者: 橘玲出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/04メディア: 新書購入: 31人 クリック: 229回この商品を含むブログ (194件) を見る 株式投資というものについて丁寧に説明し、時系列的に経済理論の変遷を辿りながら様々な…

コンテクスト・オブ・ザ・デッドを読んだ

コンテクスト・オブ・ザ・デッド作者: 羽田圭介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/11/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 「文脈」(コンテクスト)に乗っかることによりオリジナル性を喪失した人々が次々とゾンビ化していく世界を舞台…

最近読んだ本

コンビニ人間作者: 村田沙耶香出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/07/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る 合理性の名の下に均一化されたコンビニという世界と、異物に対して同一化を求め続けるムラ社会的世界との往来を繰り返す主人公…

「具体性」

投資系の雑誌で株のアナリスト達が推奨銘柄を推す「具体的な理由」を読んでいると、そういった「具体的な情報」程怖いものはないなということを思う。 「具体性」という雰囲気を纏った、一見、筋の良さそうな話に納得させられてしまうんだけど、それって真っ…

ハンバーガーメニュー

今僕が開発に携わっているAndroidアプリはボトムナビゲーションタイプ、いわゆる「下タブ」と呼ばれるUIのナビゲーションパターンを採用している。本来Androidアプリのナビゲーションパターンは左から開くドロワー(ハンバーガーメニュー)メニューパターン…

shibuya.swift に参加した

shibuya.swift というSwiftというプログラミング言語が好きな人(もしくはAppleが好きな人)達の勉強会に参加してきた。 場所は渋谷! shibuya-swift.connpass.com LT(5分間のトークセッション)参加者の募集が始まった1月前半に見切り発車でLT枠に応募し、…

「昭和のエネルギー王とまで呼ばれたあなたの真似はできません」

ソフトバンク CM 企業「パレード準備」篇(30秒) 「ソフトバンクでんき」のCMかっちょいいなーと思い、色々調べてびっくり!

絶対に恋愛に発展しない男女の友情

マイ・インターンを観た マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント発売日: 2016/02/10メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見る 齢70…

最近読んだ本

その女アレックス その女アレックス (文春文庫)作者: ピエールルメートル,橘明美出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/09/02メディア: 文庫この商品を含むブログ (131件) を見る 犯罪小説というジャンルにおいて本作でのアレックスの立ち位置が凄く巧妙。 …

最近読んだ本

去年の暮れから年始にかけて読んだ本をリストアップ。 去年は映画ばかり観て本をあまり読まなかったので、今年はもう少し読書に重点を置きたいところ。 不連続の世界作者: 恩田陸出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2013/12/06メディア: Kindle版この商品を含む…

カールスバーグがうまい

カールスバーグを何かの機会で飲んだ時、その口当たりの良さと程よい麦芽感から成るクリアな味わいに魅了されてしまった。 速攻で近くの酒屋さんやスーパーで探したけど全く見つからなかったので、amazonで箱買い。

エスプレッソマシンを購入してから、朝が充実している

今年の初めにDeLonghi(デロンギ)のエスプレッソマシンを購入してから、そろそろ1年が経とうとしている。 購入以来毎朝このマシンで淹れたコーヒーを飲んでいるが、朝のクオリティは去年より格段に向上した。

自称義賊詐欺師達とマカオ

自称義賊詐欺師アキラを読んだ 自称義賊詐欺師アキラ(1) (アクションコミックス)作者: 三森公政出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2014/07/19メディア: コミックこの商品を含むブログ (1件) を見る エイジとアキラの出会いから詐欺師チーム結成までの過程に安…

「賢い人生は”くたばれ”に基づく」

「賢い人生は”くたばれ”に基づく」 と高利貸のフランクはジムに言い放った。 カリフォニアで17番目に裕福な男の孫であるジム・ベネットは大学教授で、そして極度のギャンブル依存症だ。 彼はギャンブルで大金を溶かし続け、今や借金にまみれている。 韓国人…