読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真の紳士は、呑んだ酒と端末に払ったお金の話はしない

真の紳士は、呑んだ酒と端末に払ったお金の話はしないという金言がある。

という村上春樹の一文をもじった「金言」を仕事の合間に思いついたけど、きっと誰も笑わないし 理解も不可能だと思うのでここに書き連ねておこう。

ちなみに先ほどの文を鑑みると僕は紳士ではない。
飲んだ酒と端末に払った金額のことをバリバリ喋り腐っているし、その発言で瞬間的に満足しつつも後で思い返してから自分がそれを人に伝えて一体何をしたかったのか、その発言の「目的」は何だったのかわからない時がほとんどである。

さて、最近思うのはどんなに年齢を重ねても人は「無駄」と断言できるような(時には「損」にもなる)発言を口にしたり、行動をしてしまうなーということである。

それはきっと人間の中にある不確定かつ不安定&コントロール不能なブラックボックスが瞬間瞬間に脳の処理を割り込みフックして実行しているからに違いなくて、その混沌系こそが人間を人間たらしめる唯一無二の要素であるに違いないと考えている。

何を言いたいかと言うと

f:id:misyobun:20140501220317p:plain

酔った勢いでシムフリーiphone5s(64GB)買っていた。
docomo版持っているのにね。
iphone6出るのにね。

今朝気づいて、色々考えたけど僕は後悔していない。

そして、やはり僕は紳士ではない。