読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近観た映画

ゴーン・ガール

ゴーン・ガール (字幕版)

ゴーン・ガール (字幕版)

恐ろしい。ただ、ただ、恐ろしい。 「結婚って一体何?」と疑問符の形をした赤錆びた鉄の塊で頭を横殴りにされるような衝撃。 結婚についてマイナスな気持ちをここまで増幅させることができる映画は近年稀ではないだろうか。現実離れした展開から繰り出される狂気も、実際の夫婦間に横たわる「不安」という感情にそのまま収斂していくような気がしてならない。(結婚したこと無いからあくまで気がする) ゼグシーとか書店で見つけちゃうと薄ら寒い気持ちでページをめくってしまう。

マージン・コール

マージン・コール (字幕版)

マージン・コール (字幕版)

金融危機(リーマン・ショック)発生を予測した投資銀行が取った恐るべき行動(MBSのリスクを市場が気付く前に全て売り払う)を描いている。良識に反する行為に憤る上役のケビンスペイシーも、自分の生活のため結局は保身へ走ってしまうのだけれど、その心の内奥に広がる絶望に抗えずエンドロールで一人墓穴を掘るシーンは近いうちに起こるであろう金融危機を予見しての行為としてとても象徴的だった。

ランナーランナー

ランナーランナー [Blu-ray]

ランナーランナー [Blu-ray]

オンラインポーカーの運営が仕掛けるイカサマにまんまと嵌って学費を全額騙し取られた主人公が、お金を取り返しに運営元へ殴り込みに行くも、その頭の良さを買われてリクルートされるんだけど実際はスケープゴートにされそうになって、激おこプンプンする話。 ジャスティン・ティンバーレイクが脇汗かいている様が見れるので、その筋の人には良いのではないでしょうか。

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ  [DVD]

スティーブ・ジョブズ [DVD]

裏切り、孤独、傲慢、執念、etc いろいろな要素を盛り込もうとしているんだけど尺の関係から 全てが中途半端な印象。前向きな気持ちで評価すると、Appleについて時系列に何が起きたかをダイジェストで学べる年表的な映画でしょうか。

イコライザー

イコライザー(アンレイテッド・バージョン) [DVD]

イコライザー(アンレイテッド・バージョン) [DVD]

デンゼル・ワシントンが洒落にならないくらい強過ぎる。 各所で言われている通り「必殺・仕事人」な映画。 デンゼルの所作(ダイナーで食器の位置を正したり、拳銃を奪ったり)が目に優しい