読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近観た映画

フローズン・タイム

フローズン・タイム [Blu-ray]

フローズン・タイム [Blu-ray]

映像の「静」と「動」の緩急を幻想的なテイストで包み込んだ演出が光る。
冒頭、ガールフレンドと主人公ベンが喧嘩するシーン(一方的にベンが攻撃されているだけ)、鬼の形相でガールフレンドがベンをなじる映像にスローモーションがかかっていて「マジで鬼だわ・・・」と慄然とするくらいに恐ろしい画だった。

ワイルドカード

ワイルドカード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

ワイルドカード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

ある男のギャンブル依存症克服の話にステイサムなアクションをアタッチしたのか、ステイサムのアクション映画にギャンブル依存症克服の話をアタッチしたのか・・・
作り手側が機械的に「要素」と「要素」を繋ぎ合わせているだけのような印象が拭えなくて
鑑賞後にこの作品に対して抱いたイメージがすごくまとまりのないものになりモヤモヤが残る。
主人公ニック(ジェイソン・ステイサム)にとっての「閉塞した環境」であるラスベガスから解放される描写も、なんというか味気ない。 サイラス(マイケル・アンガラノ)の存在理由がこの解放(お金をあげる)にあるのだとしたら、いささかパンチが弱いなと思う。

泣く男

泣く男 [Blu-ray]

泣く男 [Blu-ray]

ラストでゴン(チャン・ドンゴン)がケジメを取るシーンはなんというかカタルシス。ひゅーって、浄化される。
ゴンが裏切った組織から送り込まれる刺客(元々は仲間)がかっこいい。(特に中国人の人)

ザ・ゲスト

ザ・ゲスト [Blu-ray]

ザ・ゲスト [Blu-ray]

シチュエーションスリラー的な作品として捉えるとまずまず楽しめた。 色々な映画へのオマージュが散りばめられているので、そういうのが好きな人は鑑賞してニヤニヤすればいいと思う。
ダン・スティーヴンス好きな人も鑑賞してニヤニヤすればいいと思う。
「結局、デイヴィッドって何なの?」という疑問はジャーマンスップレクスしといて。