読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽井沢で堕落していた

先週の金曜日、会社帰りにそのまま実家の両親と妹の旅行に途中参加するべく軽井沢へと向かった。 職場がある渋谷を出て、東京駅から新幹線に乗り、軽井沢まで大体1時間半位で着いた。 軽井沢って意外に近い。

堕落

結構良い宿に宿泊することができて「人生一度くらいはこれくらいの贅沢をしてもバチは当たらないでしょうよ!」という強い気持ちを振りかざしながら4日間完全に堕落していた。

滞在している間は、軽井沢駅の裏にあるショッピングモールへ行ったり、完全に放置している実家の土地の様子を見に行ったり、地元のご飯屋さんにいったりしたけれど、概ね酒を飲みながらAndroidStudioとRubyMineをペチペチして、飽きたら本を読み、それにも飽きたら温泉でグダグタするというのを繰り返していた。 本当に最高だった。

滞在していた部屋のすぐ隣に鷺が生息していて、常に監視されていた。

読んでいた本

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

ナガオカケンメイとニッポン

ナガオカケンメイとニッポン

早くセミリアタイして今回みたいな堕落と鷹揚の狭間でプカプカしたい。