最近観た映画

新宿スワン

新宿スワン [Blu-ray]

新宿スワン [Blu-ray]

園子温監督の作品の割には、不思議と監督作品に共通して描かれる「湿度」をあまり感じられなくて新鮮だった。 確かに作中には随所に血みどろの抗争やら、お決まりの雨の描写が散りばめられているのだけれど、そういった湿り気を帯びた映像の後には「ドライヤーで速攻乾燥!」的なイメージのカラッとした空気感を漂わせる映像のシークエンスが続くので、見ていても独特の陰鬱とした気持ちに引っ張られることはなかった。

にしても、関さんが丸高愛美の胸をガンガン揉みしだいているのは圧巻だった。
いやー「ごちそうさまです!」って気分になりましたねー。

コードネーム プリンス

コードネーム:プリンス ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

コードネーム:プリンス ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

唐突に消息が途絶えた娘を救うため過去の因縁がベットリと残る古巣へ舞い戻ってきた元凄腕暗殺者が、120%の暴力でドンチャン騒ぎする話。 中途半端な造りの映画の割に役者陣が充実しているので、正直見ていると「もったいない!」という憤りに似た気持ちに駆られてしまう。 例えばヘロインの売人ファーマシー(薬局)役の50centは登場して5分で射殺されてしまうし、主人公の元相棒役を演じるジョン・キューザックはゲームで一緒に戦ってくれるAIキャラみたいな印象で吃驚するぐらいに存在感が希薄。役不足感がすごい。あんな中途半端な役にジョン・キューザックをわざわざ起用しちゃったのどうしてなのか?

俺はまだ本気出してないだけ

堤真一最高だなー。 シズオ会議のやりとりはずっと見ていたい。

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> [Blu-ray]

ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> [Blu-ray]

いやー、これは僕が見たかったダイ・ハードではなかった・・・。 と言うのも今度のマクレーンは「刑事」ではなく、ただただ息子の身を案じて異国の地を奔走する「父親」なんですねー。 つまり、本作は滅茶苦茶な危機的状況でも正義の旗を振りかざしながら形振り構わず「悪」に立ち向かう今までのシリーズの流れを汲む作品として見なすことが難しい。ブルース・ウィリスが出演している全く別のアクション映画という認識で差し支えないでしょう。

ファースター 怒りの銃弾

ファースター 怒りの銃弾 [Blu-ray]

ファースター 怒りの銃弾 [Blu-ray]

ドライバーと警官と殺し屋っていう3軸の交差具合が今一つというところ。 終わり方的に釈然としないものがあって観終わったあとに思わずため息をついてしまった。