配車サービスのGrabが便利だった

先日マレーシア旅行にいった時、初めてアプリ配車サービスを体験した。
ちなみにクアラルンプール市街での交通手段はアプリ配車サービスのGrab(Uberの東南アジア版。※運営元はUberとは別)が席巻していて、ホテルで「タクシーを呼んで欲しい」とクラークにお願いしたら「アプリで呼んだ方が速いですよ!」と提案されるくらいにこのサービスが浸透していて驚いた。

街のいたるところにGrabの広告があるのも頷ける。

空港で契約したSIMがSMS可能な携帯番号付きだったので、試しにGrabを使ってみた。

で、実際に利用した者の率直な感想としては「このサービスは実に画期的で、とても便利!」に尽きる。

自分の所在地と目的地を入力するだけで必要な乗車賃が表示され、そのままドライバーをブッキングするボタンを押すと自動的に乗車可能なドライバーを探してくれる。
そしてドライバーのブッキングが完了すれば、あとはただドライバーの到着を待つだけでいいのだ。

すごい簡単。

ドライバーが見つかり、自分が乗る予定の車が地図上で自分の所在地に近づいてくるのを見ているのは何とも面白かった。

乗車前から予め目的地まで幾らかかるのかがわかるので、海外でのタクシー乗車につきまとう「ボッタクられるんじゃないか?」という不安とは無縁で、さらに、決済はアプリに登録したクレカで自動的に行われるから直接運転手と金銭のやり取りをする必要がなく目的地に着いたらそのまま「Bye♪」と笑顔で降車できる。
しかもかなり値段が安い!一般の人が自分の車にお客を乗せるというGrabの中でも低価格帯のGrabCarというランクの「車」を主に利用すると、そこそこの距離を走っても5RM~10RM=(180円 ~ 250円)とかがザラ!
この価格は日本のタクシーの初乗り料金より遥かに安く、そして個人的にはこのGrabCarのランクでサービス的には何の不足もなかった。

マレーシア滞在中はひたすらGrabを利用していたので、市街の移動について基本的にはストレスフリーだった。

一度だけ、ホテルの新館と旧館区別にドライバーとこちらで認識のズレがあって、ドライバーの想定以上に運転時間がかかったことにより剣呑な雰囲気になったこともあったが、そこはこういったサービスに必ず起こるであろうネガティブな部分を体験できたので良しとしている。(ポジティブ思考)
ただ、もうちょっと英語で反論できればよかったという反省は残る。

日本にもGrabとかUberみたいな配車サービスができれば良いなーと思う。