マレーシアへ旅行にいった

先日マレーシアへ旅行にいった。 別段マレーシアで何か見たいものがあったわけではないのだけれど、東南アジア方面でまだ行ったことのない国へ行きたかったというのと、以前、テレビの旅番組か何かで「マレーシアがめざましい発展を遂げているぞ!」と紹介されていたので、その「発展っぷり」というものをこの目で確かめてみたかったというのがあった。

実際に行ってみると、クアラルンプール都市部では古い建物が取り壊される一方で高層ビルがたくさん建ち並び始めていて、随所で「高層ビル絶賛建造中だぜ!」という勢いのある光景を目の当たりにした。

歩道のいたるところに設置されたデジタルサイネージが近未来感を醸し出し、また、繁華街の大きな通りでは中国ハードウェアメーカー業界第3位であるOPPO製Android端末を宣伝する広告がよく目についた。 (OPPOは日本で全く存在感が無いので、意外感が強い)

街を行き交う人々は皆一様にスマホを弄っていて、一見日本の状況と大差ないように思えるもホテルで勧められた配車サービスアプリのようにアプリ(スマホ)を介したオンデマンドエコノミーが盛り上がっている様子や、コンビニでプリベイドSIMを気軽に買えてしまう状況、そして何よりスクラップアンドビルド的な市街のギラギラした雰囲気に「目覚ましい発展」という形容は間違っていないように思えた。

電脳街

「マレーシアの電脳街」と言われているPlaza Low Yat というショッピングモールを散策した。
猥雑感がたまらなかった。(良い意味で)

マレーシアのビールはカールスバーグ

マレーシア滞在中はひたすらビールを飲んでいた。
マレーシアでよく飲まれるビールはカールスバーグのようで、行く店行く店には必ずカールスバーグが置いてあるし、銘柄も伝えずにビールを頼むとカールスバーグが出てくる。

個人的には下記のエントリーを書くほどにカールスバーグが好きなので最高だった。

www.vagrantup.jp

移動はGrab

市街の移動は下記で書いた通りGrabを利用することで、恐ろしく楽だった。

www.vagrantup.jp

マレーシア旅行を一言でまとめると「Grab」だろうか。
UberやGrabのようなアプリ配車サービスが日本でもローンチされることを切に願うばかりだ。