蟻地獄 Kindleで読んだ漫画 1

蟻地獄 1

蟻地獄 1

お笑いコンビ「インパルス」板倉が書き下ろした小説のコミカライズ版。 (インパルス最近とんと見ないなーと思ったら、相方が不祥事を起こして活動休止していたのね)

裏カジノでイカサマをして一発当てる計画を企んだ幼馴染コンビの孝次郎・修平がヤクザ達に裏をかかれて多額の負債を背負い、その借金返済に奔走する話。

ヤクザ側に相方の修平を人質に取られ、逃げることすらできない孝次郎。 (期日までにお金が用意できなければ修平の臓器は根こそぎ売り払われてしまう)
追い詰められて形振り構ってられない彼は人間の眼球が40万で売れることを知ると富士の樹海へ死体を探しに行ったり、集団自殺者のコミュニティに潜入してどうせ死ぬのだからという論理のもと自殺志願者の眼球を狙ったりと頑張るんだけど、そういった常軌を逸した行動の先には当然、数々の修羅場が待ち受けているわけだね。

「vsヤクザ」という大枠の話とは別に、自殺志願者の集団練炭自殺現場に潜り込み眼球GETという金策パートで、想像もしていなかったような禍々しい「悪意」と対決する羽目になるという多次元的な話の展開は圧巻。

いやー、久々にエンタメ感を感じられる作品だった。
全4巻と非常に読み易いボリュームなので眠れない夜はKindleとかでサクッと読むのをお薦めする。

蟻地獄 2

蟻地獄 2

蟻地獄 3

蟻地獄 3

蟻地獄 4

蟻地獄 4