2018年5月に読んだ本まとめ

独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

この本を読むまではリベラルアーツを「社会人が身につけるべき一般的な教養」という薄っぺらな認識で捉えていたけれど、この本を通してその実際の姿はもっと厚みがあり、人間の自由を下支えする根源的な学問であるということがストンと腹落ちした。
他にも知的戦闘力を向上させるためのモジュール論とそれを構成する11のジャンルについて、筆者なりの具体的なビジョンを織り交ぜつつ、それに対応する今読むべき選書が提示されているのが嬉しい。 世界の歴史はマウントを取りたがる専門家と世界にイノベーションをもたらした独学者の苛烈な戦いで説明できるという結びの見解が面白かった。

中国のインターネット史

中国のインターネットがWWWから独立を果たすまでの経緯をサクッと読み込めた。
ネットにおける糞青と小資といった属性の成り立ちや、微博がいかにして凋落していったかなど、通史的アプローチの流れの中で微に入り細を穿った解説をもとに理解することができて満足。

かがみの孤城

かがみの孤城

かがみの孤城

特異なシチュエーションと無数の伏線。
ラストに近づくに連れて畳み掛けるようにどんどんと急展開を迎えるストーリーを必死に追いかけているうちにそのまま一気読みしてしまった。
2018年本屋大賞を受賞したのも頷ける傑作。

隠し事

隠し事 (河出文庫)

隠し事 (河出文庫)

下記の読書日記で言及。 www.vagrantup.jp

京女の嘘

京女(きょうおんな)の嘘(うそ) (京都しあわせ倶楽部)

京女(きょうおんな)の嘘(うそ) (京都しあわせ倶楽部)

下記の読書日記で言及。 www.vagrantup.jp

ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下

ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下 (ハヤカワ文庫JA)

ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下 (ハヤカワ文庫JA)

下記の読書日記で言及。 www.vagrantup.jp

夜と霧 新版

夜と霧 新版

夜と霧 新版

下記の読書日記で言及。 www.vagrantup.jp

渇いた夏 私立探偵 神山健介

渇いた夏 私立探偵 神山健介 (祥伝社文庫)

下記の読書日記で言及。 www.vagrantup.jp