名探偵の証明 感想 零落した探偵の再生への道程

市川哲也の名探偵の証明を読み終える。

名探偵の証明 (創元推理文庫)

名探偵の証明 (創元推理文庫)

100%の事件解決率を誇り、そのめざましい活躍から推理小説界に「新本格派」ブームを牽引する旗手として一世を風靡した名探偵 屋敷啓次朗。彼もまた無情に過ぎ去る時の中で寄る年波には勝てず、「新世代探偵」の台頭もあり齢60にして世間から忘れ去られてすっかり零落してしまうが、支援者や昔からの相棒の計らいを受け何とか奮起しようと試みる。

正直、本作に難解な謎解きミステリーを期待すると肩透かしを喰らう。実際、この作品が焦点を当てているのは一人の探偵が経験する隆盛と衰勢、そしてそこに生じる懊悩からの奮起だ。

その過程には新・旧問わず名探偵に付き纏う世間の批判(例えば「名探偵が存在するから凄惨な事件が起きてしまう!諸悪の根源は名探偵だ!」)が添えられ、それに対して自分の使命のためにはどんな障壁があったとしても、乗り越えていくしかないという矜持の再点火を強く示している。

ただ、その再燃からの終幕の件は衝撃的で、読後感にはただただ物悲しさだけが残ってしまったのが少し残念だった。

作中で啓次朗とタッグを組んだ新世代探偵を軸にしたシリーズが続いているようなのでそちらのチェックは一応しておこうと思う。